HOME > ニュースリリース > 飛鳥交通グループと横浜市とは、「訪日外国人旅行者受入環境整備に関する連携協定(タクシー)」を締結いたしました。

ニュースリリース

飛鳥交通グループと横浜市とは、「訪日外国人旅行者受入環境整備に関する連携協定(タクシー)」を締結いたしました。

2016年12月15日

 飛鳥交通株式会社と横浜市とは、平成28年12月15日をもって、「訪日外国人旅行者受入

環境整備に関する連携協定(タクシー)」を締結いたしましたので、お知らせいたします。

 本連携協定は、飛鳥交通グループの主として横浜市内の下記の三法人が横浜市を訪れる

訪日外国人旅行者の安全、快適、便利なタクシー利用の環境整備を図り、横浜市と連携して

訪日外国人旅行者の動向調査・分析を行い、横浜市の観光施策に活用することを目的として

おります。また、旅行事業部門は、東京パッセンジャー旅行事業部が担当いたします。

 なお、自治体とタクシー事業者が連携して訪日外国人旅行者受入環境整備に特化した協定

を締結するのは、全国初になります。



                            記


  1 飛鳥交通横浜中央株式会社(横浜市南区井戸ケ谷下町18番地)  保有台数20台

  2 飛鳥交通横浜株式会社(横浜市都筑区川向町1171番地2)     保有台数88台

  3 飛鳥交通神奈川株式会社(横浜市南区井戸ケ谷下町18番地)    保有台数92台

  4 東京パッセンジャー株式会社旅行事業部(東京都新宿区新宿六丁目27番48号)

     第2種旅行業:インバウンド専用旅行予約受付サイト(Tokyo Taxi Tours)

                                                       以上



 安全、快適、便利な「インバウンドおもてなしタクシー」をご用意し、訪日外国人旅行者様の

観光にご利用いただくと共に、横浜市の観光施策の一助になればと存じます。


 引き続き、飛鳥交通グループをご愛顧下さいますようよろしくお願い申し上げます。


 

 詳しくは、下記PDFの「プレスリリース(20161215)」をご覧下さい。


 

関連PDF

このページのトップへ